B-Rサーティワンアイスクリームの立会外分売分析

銘柄名 2268】 B-Rサーティワンアイスクリーム
市場 東証スタンダード
信用区分 信用
実施目的 スタンダード市場の上場維持基準を充たすべく、当社株式の分布状況の改善および流動性の向上を図るため行うものです。

スケジュール

発表日 2024/02/27 (火)
予定期間 2024/03/06 (水) ~ 2024/03/07 (木)
実施日 2024/03/06 (水)

分売情報

単元株数 100 株 発表日終値 4,040 円
分売枚数 1,700 枚 前日終値 4,000 円
申込上限 80 枚 分売価格 3,880 円
PER 59.12 倍 割引率 -3.00 %
PBR 3.64 倍 発表日比 -3.96 %

株式情報

発行済株数 9,644,554 株 時価総額 37,421 百万円
浮動株数 1,138,057 株 浮動株総額 4,416 百万円
分売株数 241,000 株 分売総額 935 百万円
前日出来高 52,400 株 出来高/分売数 21.74 %
対株式数比 2.50 % 浮動株比率 11.80 %
対浮動株比 21.18 %
  ※発行済株数は直近四半期末(増資・分割考慮)、浮動株比率は直近四季報掲載値

参加評価

分売評価 C
評価コメント

2023年11月以来、4ヶ月ぶり3回目の分売となっている。

親会社2社が8割近くの株式を保有しているため、この分売後でも流通株式比率はやっと18%程度になると考えられる。

スタンダード市場の上場維持基準は25%であるため、同規模の分売であれば最低3回程度は追加実施が必要となる。

今期業績は売上高+7%、営業利益+6%を見込んでいる。

年間配当は40円で利回りは1%ほど。株主優待は6,12月権利で優待券1,200円の設定があり総合利回りは0.9%ほど。

PER30.1倍、PBR3.02倍の株価水準はやや割高感がある。

株価は12月の権利落ち以降は4,050円を挟んでほとんど動いておらずボラティリティは非常に低い。

前回も明らかに値嵩株で割れそうな展開だったが、この機に安値で優待株を仕込みたいという需要か意外と底堅かった。

寄りでは割れるかもしれないが需給が落ち着くまで数日程度スイングする前提であるなら悪くないかもしれない。

3/5追記:

発表日よりやや売り込まれており、分売価格は過去3年間の安値以下と中期的には値ごろ感はある。

流動性もやや向上しており、節目の4,000円で非常に底堅く下値での実需はそれなりには期待できそう。

ただそれだけ短期筋の参加者が増えることで結局は寄りではあまり旨味のない展開になるのではないかと思われる。

当日中には売らない前提でしばらく放置をすれば、元々の4,000円くらいまでの戻りは期待できるかもしれない。

立会外分売銘柄情報

Copyright © 2015 立会外分売研究所 All Rights Reserved.