パワーソリューションズの立会外分売分析

銘柄名 4450】 パワーソリューションズ
市場 東証グロース
信用区分 信用
実施目的 当社株式の分布状況の改善及び日々の出来高と流動性の向上を図るために行うものであります。

スケジュール

発表日 2022/08/12 (金)
予定期間 2022/08/22 (月) ~ 2022/08/24 (水)
実施日 2022/08/22 (月)

分売情報

単元株数 100 株 発表日終値 2,777 円
分売枚数 200 枚 前日終値 2,546 円
申込上限 6 枚 分売価格 2,465 円
PER 19.96 倍 割引率 -3.18 %
PBR 6.49 倍 発表日比 -11.24 %

株式情報

発行済株数 1,414,974 株 時価総額 3,488 百万円
浮動株数 - 株 浮動株総額 - 百万円
分売株数 20,000 株 分売総額 49 百万円
前日出来高 54,000 株 出来高/分売数 270.00 %
対株式数比 1.41 % 浮動株比率 - %
対浮動株比 - %
  ※発行済株数は直近四半期末(増資・分割考慮)、浮動株比率は直近四季報掲載値

参加評価

分売評価 A
評価コメント

板・出来高ともに30枚程度と流動性は乏しい。

このタイミングでわざわざ2万株足らずを分売で処分する必要性が感じられない。告知をして株価が下がる可能性を考えるとザラ場で捌いた方が早そうな感じがするところ。

今期業績は売上高+40%、営業利益+26%を見込んでおり、2Q時点での進捗率は65%と概ね好調に推移している。

PER11.4倍、PBR1.75倍の株価水準は市場平均並み。

配当は無配で優待もなく、株主還元策に乏しい。

株価は3月の2,000円を底値として現在は2,800円付近まで買い上げられておりやや過熱感がみられるところ。

分売数量は発行済株式の1.4%足らずのため、このくらいであればなんとかなりそうな感じがする。

もう少し流動性が改善すれば参加を検討したい。

8/19追記:

特に値決め日に大幅に売り込まれており、分売価格は過去1ヶ月の安値以下と値ごろ感のある水準となっている。

出来高も大幅に増加しており分売数量を余裕で超過する程であれば流動性に関しての心配はまったくいらない。

過去の類似案件でも大幅改善した極少量案件では香陵住販、フェイスネットワーク、ソーシャルワイヤー、みらいワークス、ビーロットのように派手に始まるのではないか。

テクニカル面でも分売価格は75日移動平均を割り込んでおり、さすがに一定の自律反発は見込める水準にある。

もっとも、この分売数量であればまず配分されることはないため運試し程度の感覚で積極参加したい。

立会外分売銘柄情報

Copyright © 2015 立会外分売研究所 All Rights Reserved.