ジモティーの立会外分売分析

銘柄名 7082】 ジモティー
市場 東証マザーズ
信用区分 信用
実施目的 一定数量の売却意向があり、当社として検討した結果、立会外分売により当社株式の分布状況の改善および流動性向上を図るため

また、本立会外分売に関して、当社の主要株主である筆頭株主の株式会社デジタルホールディングスより、同社が保有する当社株式の一部について売却意向の連絡を受けており、約定結果によっては当社の主要株主である筆頭株主の異動が生じる可能性があります。主要株主である筆頭株主の異動を認識した場合には、速やかにお知らせいたします。

スケジュール

発表日 2021/11/16 (火)
予定期間 2021/11/24 (水) ~ 2021/11/29 (月)
実施日 2021/11/24 (水)

分売情報

単元株数 100 株 発表日終値 5,300 円
分売枚数 3,000 枚 前日終値 4,325 円
申込上限 90 枚 分売価格 4,195 円
PER 101.62 倍 割引率 -3.01 %
PBR 27.77 倍 発表日比 -20.85 %

株式情報

発行済株数 5,996,365 株 時価総額 25,155 百万円
浮動株数 - 株 浮動株総額 - 百万円
分売株数 299,800 株 分売総額 1,258 百万円
前日出来高 617,300 株 出来高/分売数 205.90 %
対株式数比 5.00 % 浮動株比率 - %
対浮動株比 - %
  ※発行済株数は直近四半期末(増資・分割考慮)、浮動株比率は直近四季報掲載値

参加評価

分売評価 D
評価コメント

板は500枚、出来高1,000枚以上と流動性は高い。

筆頭株主で92万株を保有するデジタルHDからの売却となっており、株価高騰に伴う処分売り目的とみられる。

通期業績予想を前日に上方修正しており、今期業績は売上高+24%、営業利益+20%を見込んでいる。

配当は無配で優待もなく、株主還元策に乏しい。

PER96.3倍、PBR22.1倍の株価水準は非常に割高感がある。

株価は8月ごろの2,000円近辺から1Q決算を材料にブレイクしており、直近では一時5,000円近辺まで付けている。

いくら成長性を加味しても現状の株価水準は割高すぎであり、上方修正の翌日に分売を発表していることからも高値でのしこり玉が残って下落要因にもなりやすい。

ほぼモメンタムだけで動いている銘柄であり、短期的であれば流動性次第では逃げ場はありそうな気もするが、発行済株式の5%もの分売となるとさすがに需給悪化は必至か。

分売総額15億円規模となると先日のオープンドアのように上値が重く分売価格を張り込む可能性も否定できない。

リスクに見合う参加メリットもなく見送りを推奨したい。

11/22追記:

発表日から大きく売り込まれていたが、前日にNTTドコモと提携しd払いが利用できるようになるという材料が出て値決め日に高騰してしまっている。

分売価格は当日安値以上というのは値ごろ感がなく、時期的に分売価格を釣り上げるためと言われても否定できない。

出来高はあるためどこかで逃げ場はありそうだが、指標的な割高さは否めず先日のオープンドアが実施後の値動きを見ていると売りタイミングが難易度の高そうな気もする。

一方で参加者が少なければ意外と浮上する可能性も捨てきれず、最終的には朝の気配次第での判断としたい。

立会外分売銘柄情報

Copyright © 2015 立会外分売研究所 All Rights Reserved.