大冷の立会外分売分析

銘柄名 2883】 大冷
市場 東証1部
信用区分 信用
実施目的 一定数量の売却意向があり、当社として検討した結果、立会外分売による当社株式の分布状況の改善および流動性の向上を図るため。

スケジュール

発表日 2021/07/30 (金)
予定期間 2021/08/10 (火) ~ 2021/08/13 (金)
実施日 2021/08/10 (火)

分売情報

単元株数 100 株 発表日終値 2,000 円
分売枚数 900 枚 前日終値 1,942 円
申込上限 10 枚 分売価格 1,894 円
PER 23.62 倍 割引率 -2.47 %
PBR 8.49 倍 発表日比 -5.30 %

株式情報

発行済株数 6,008,300 株 時価総額 11,380 百万円
浮動株数 1,387,917 株 浮動株総額 2,629 百万円
分売株数 40,000 株 分売総額 76 百万円
前日出来高 56,500 株 出来高/分売数 141.25 %
対株式数比 0.67 % 浮動株比率 23.10 %
対浮動株比 2.88 %
  ※発行済株数は直近四半期末(増資・分割考慮)、浮動株比率は直近四季報掲載値

参加評価

分売評価 B
評価コメント

※ザラバ中発表のため、発表日終値は直前約定値

板・出来高ともに50枚程度と流動性はやや低い。

東証1部だが時価総額は120億円足らずしかなく、正確な流通株式時価総額は不明だが大株主が半分近くを保有している状況下ではどうやってもプライム市場残留は困難とみられる。

分売4万株足らずを普通に捌けないとあっては1日平均売買代金でさえ未達な状況で先にこちらを改善すべきである。

今期業績は売上高+7%、営業利益+5%と手堅く増収増益を見込んでおり、1Q時点では進捗率23%と概ね順調そう。

年間配当は55円で利回りは2.9%ほど。株主優待として9月権利で自社商品(冷凍食品)2,000円分の設定がある。

PER16.5倍、PBR1.36倍の株価水準は市場平均並み。

株価はここ半年間は1,900-2,000円の比較的狭いレンジで推移しており安定感がある。底値として1,900円が意識される。

指標的にも割高感はなく、翌月の優待権利に向けて一定の買い需要は期待できるため需給面ではなんとかなりそう。

どちらにしてもこの分売数量ではまず配分は困難と思われるため深く考えずに参加しても問題ないと思われる。

8/6追記:

発表日からやや売り込まれており、割引率はあと一歩ほしかったが分売価格は過去1年間の安値以下と値ごろ感がある。

流動性も大幅に向上しており、テクニカル的にも底値圏でこれ以上売り込まれるということも想定しづらい。

それなりに利幅も確保できてなかなかのプラチナチケットとなりそうな感じがするため忘れず参加しておきたい。

立会外分売銘柄情報

Copyright © 2015 立会外分売研究所 All Rights Reserved.