アクシスの立会外分売分析

銘柄名 4012】 アクシス
市場 東証マザーズ
信用区分 信用
実施目的 当社株式の分布状況の改善及び流動性の向上を図るため。

スケジュール

発表日 2021/06/02 (水)
予定期間 2021/06/10 (木) ~ 2021/06/14 (月)
実施日 2021/06/10 (木)

分売情報

単元株数 100 株 発表日終値 3,765 円
分売枚数 600 枚 前日終値 3,740 円
申込上限 10 枚 分売価格 3,627 円
PER 27.70 倍 割引率 -3.02 %
PBR 6.27 倍 発表日比 -3.67 %

株式情報

発行済株数 2,050,000 株 時価総額 7,435 百万円
浮動株数 - 株 浮動株総額 - 百万円
分売株数 100,000 株 分売総額 363 百万円
前日出来高 12,100 株 出来高/分売数 12.10 %
対株式数比 4.88 % 浮動株比率 - %
対浮動株比 - %
  ※発行済株数は直近四半期末(増資・分割考慮)、浮動株比率は直近四季報掲載値

参加評価

分売評価 C
評価コメント

板・出来高ともに100枚程度と流動性はまずまず。

2020年9月に東証マザーズに上場しており、3月にロックアップ解除となることから社長などからの売却と思われる。

6月末基準にて1:2の株式分割も予定しており、そのための流動性向上政策の一環であると思われる。

今期業績は売上高+13%、営業利益+8%を見込んでおり、1Q時点の進捗率は36%と順調そう。

配当は無配で株主優待もなく、株主還元策に乏しい。

PER26.8倍、PBR4.02倍の株価水準はやや割高感がある。

株価は上場後に高値を付けてからは下落基調にあるが、ここ数ヶ月は3,500-4,000円の小幅な値動きとなっている。

元から特定株が75%程度な状態で発行済株式の5%弱の分売となるとしばらくは上値の重い展開になりそう。

ロックアップ解除案件では先般のタスキが軟調だったように、値嵩株ということも相まって売り物が出やすい。

参加者が少なければなんとかなるかもしれないが、短期筋が増えると寄りでは割れそうな可能性が高い。

流動性向上と値決め次第ではあるが、このままであればあまり利益も期待できないため見送りが無難かもしれない。

6/9追記:

値決め日にかけて売り込まれているため分売価格は直近安値近辺で決まっている点については評価できる。

ただ買い板と流動性の厚さは十分とは言い難いため、参加者が多いと分売価格近辺での寄り付きとなる可能性が高い。

値嵩株のためリスク回避なら見送りが無難そう。

現時点では需給が読めないため、市況と朝の気配を確認した上で取り消し前提での打診程度としておきたい。

立会外分売銘柄情報

Copyright © 2015 立会外分売研究所 All Rights Reserved.