菱洋エレクトロの立会外分売分析

銘柄名 8068】 菱洋エレクトロ
市場 東証1部
信用区分 貸借
実施目的 一定数量の売却意向があり、当社として検討した結果、立会外分売による当社株式の分布状況の改善及び流動性の向上を図るため。

また、本立会外分売に関して、当社の主要株主である筆頭株主の三菱電機株式会社より、同社が保有する当社株式の一部について売却意向の連絡を受けており、約定結果によっては当社の主要株主である筆頭株主の異動が生じる可能性があります。

主要株主である筆頭株主の異動を認識した場合には、速やかにお知らせいたします。

スケジュール

発表日 2021/03/11 (木)
予定期間 2021/03/23 (火) ~ 2021/03/26 (金)
実施日 2021/03/23 (火)

分売情報

単元株数 100 株 発表日終値 2,776 円
分売枚数 15,400 枚 前日終値 2,651 円
申込上限 10 枚 分売価格 2,585 円
PER 30.46 倍 割引率 -2.49 %
PBR 5.62 倍 発表日比 -6.88 %

株式情報

発行済株数 26,800,000 株 時価総額 69,278 百万円
浮動株数 3,135,600 株 浮動株総額 8,106 百万円
分売株数 670,000 株 分売総額 1,732 百万円
前日出来高 560,800 株 出来高/分売数 83.70 %
対株式数比 2.50 % 浮動株比率 11.70 %
対浮動株比 21.37 %
  ※発行済株数は直近四半期末(増資・分割考慮)、浮動株比率は直近四季報掲載値

参加評価

分売評価 C
評価コメント

板は500枚、出来高1,000枚以上と流動性は非常に高い。

分売目的の通り筆頭株主である三菱電機からの売却となっており、3月の期末に向けた政策保有株式の整理と思われる。

今期業績は売上高+4%、営業利益+58%を見込んでおり、落ち込む前の前々期水準にまでやっと回復できる見込み。

年間配当は120円で利回りは4.6%ほど。株主優待は1月権利で1,000株以上にて3,000円相当のギフト商品の設定がある。

PER33.2倍、PBR118倍の株価水準はやや割高感がある。

株価は一時3,700円前後を付けたがここ半年ほどは2,600-3,100円くらいのレンジ相場で比較的値動きは穏やか。

発行済株式数比ではそれほど多いわけではないが、18億円規模との分売総額となるとさすがに上値は重くなること必至。

類似案件ではトラスト・テック、エランなどがあり貸借銘柄でもいずれもザラバ中では分売価格を割り込んでいる。

参加するにしても予定配分数分の事前ヘッジを入れた上でのサヤ取りに徹するくらいでのスタンスが無難かもしれない。

3/22追記:

流動性は大幅に改善しており、需給面だけなら十分にこなせそうだが割引率は2.5%とあと一歩欲しかったところ。

空売りはそこそこ入っているが、値決めの引け際に返済・買い越しと思われる買い上げがあったのも微妙なところ。

だが分売価格は9ヶ月ぶりの安値圏ということもあって多少の需給悪化があってもこれを下回るとはあまり考えづらい。

とりあえず現状の水準で配当利回り4.6%というのは一定の買い支え材料になりそうだが、この規模感の貸借銘柄は前例が少なく想定通り事前の空売りした分だけ参加としたい。

立会外分売銘柄情報

Copyright © 2015 立会外分売研究所 All Rights Reserved.