Eストアーの立会外分売分析

銘柄名 4304】 Eストアー
市場 JASDAQ
信用区分 信用
実施目的 当社株式の流動性向上を図るため。

今回の分売は、第1回無担保転換社債型新株予約権付社債割当先である投資事業有限責任組合インフレクションⅡ号Bによる新株予約権の一部権利行使に伴うもので、同株主からの売却意向を受け実施するものでございます。

同ファンドアドバイザーであるアドバンテッジアドバイザーズ株式会社との業務提携は今分売後も継続する予定です。

スケジュール

発表日 2021/02/12 (金)
予定期間 2021/02/25 (木) ~ 2021/03/02 (火)
実施日 2021/02/25 (木)

分売情報

単元株数 100 株 発表日終値 2,359 円
分売枚数 5,700 枚 前日終値 2,660 円
申込上限 70 枚 分売価格 2,580 円
PER 37.09 倍 割引率 -3.01 %
PBR 18.56 倍 発表日比 9.37 %

株式情報

発行済株数 5,161,298 株 時価総額 13,316 百万円
浮動株数 1,187,099 株 浮動株総額 3,063 百万円
分売株数 237,600 株 分売総額 613 百万円
前日出来高 1,034,500 株 出来高/分売数 435.40 %
対株式数比 4.60 % 浮動株比率 23.00 %
対浮動株比 20.02 %
  ※発行済株数は直近四半期末(増資・分割考慮)、浮動株比率は直近四季報掲載値

参加評価

分売評価 C
評価コメント

板は150枚、出来高300枚程度と流動性は高い。

分売目的の通り第三者割当の第1回CBの転換に伴うVCファンドからの売却だが、CBの転換価格は1,030円であるため売主は3億円程度の売却益が出ている計算となる。

同日に通期業績を上方修正しており、売上高+213%、営業利益+71%と当初予想の倍以上とかなりの好調な模様。

PER20.0倍、PBR7.05の株価水準はPERでは市場平均並みだが、PBR基準ではやや割高感がある。

年間配当は29円で利回りは1.2%ほど。優待は3,9月権利でクオカード1,000円分の設定があり、総合利回り2.1%ほど。

株価は11月頃まで1,200円前後で推移していたが、2Q業績の堅調さを受けて急騰して2,000円台で取引されている。

流動性はそれなりにあるため捌けそうだが、発行済株式の5%弱で分売総額5億円となると一巡まで上値は重そう。

指標的には成長性を加味するとまだ買える水準であり、今回の上方修正を受けて急騰しすぎなければ参加としたい。

2/24追記:

前述の上方修正を受けて株価はストップ高を付けて一時3,000円台まで上昇しているがやりすぎ感はある。

値決め日に-13%と大きく売り込まれてはいるが、ストップ高の窓埋めに向かっただけであり値ごろ感はない。

とりあえず3%割引ではあるがボラティリティが大きいため1日の値動きですぐにかき消されてしまう感がある。

出来高は大幅に増加しているが例によって大半はザラバ中のアルゴによる水増しであるためどこまでが実需か。

DMのように一巡すれば反発は狙えそうだが、現状では需給が読めないため朝の気配を確認した上での参加としたい。

立会外分売銘柄情報

Copyright © 2015 立会外分売研究所 All Rights Reserved.