U-NEXTの立会外分売結果

銘柄名 9418】 U-NEXT
市場 東証マザーズ
信用区分 信用
実施目的 当社は東京証券取引所本則市場への市場変更申請を行っており、本立会外分売により、形式要件の充足を図るとともに、当社株式の分布状況の改善および流動性向上を目的とするものです。

ただし、何らかの事情により本則市場上場の基準を満たさないと判断された場合には、同変更は認められない可能性があります。

スケジュール

発表日 2015/10/30 (金)
予定期間 2015/11/17 (火) ~ 2015/11/19 (木)
実施日 2015/11/17 (火)

分売情報

単元株数 100 株 発表日終値 -
分売枚数 8,200 枚 前日終値 1,132 円
申込上限 49 枚 分売価格 1,098 円
PER - 倍 割引率 -3.00 %
PBR - 倍 発表日比 -

株式情報

発行済株数 - 株 時価総額 - 百万円
浮動株数 - 株 浮動株総額 - 百万円
分売株数 820,000 株 分売総額 900 百万円
前日出来高 214,900 株 出来高/分売数 26.21 %
対株式数比 - % 浮動株比率 - %
対浮動株比 - %
  ※発行済株数は直近四半期末(増資・分割考慮)、浮動株比率は直近四季報掲載値

参加評価

分売評価 C
評価コメント

板・出来高ともに500枚以上はあり、流動性に問題ははい。

昨年2014年12月16日に上場しており、1年ルールを考慮すると最短なら12月の東証1部昇格も考えられる。

2015年6月末現在の流通株式比率は30.6%であり、分売実施後には1部昇格基準を超える35.5%となる予定。

その他の条件としては株主数が2,170名と僅かに満たないが、分売後のみなし株主数では超えてくるので条件は満たす模様。

株主数増加施策として、9月末での株式分割と6/12月権利での自社コンテンツ利用料割引などの株主優待を行っている。

株価の動向としては長期的にはボラティリティは大きいが、短期的には1300円前後が底値圏として取引されている。

今後の成長性などを考慮すると予想PER21.2倍、PBR3.7倍はそれほど割高感があるわけでもない。

それでも発行済株式の5%、浮動株の16%超の分売は普段の出来高に対しては多いので、分売割れの可能性もあり短期的には上値は重い展開が予想される。

短期売買よりも1部昇格狙いで中期保有の戦略がよさそう。

11/16追記:

市況の影響もあって下がりきった感はあるが、分売数量が多すぎるため、朝の板を見てから慎重に検討したい。

立会外分売銘柄情報

Copyright © 2015 立会外分売研究所 All Rights Reserved.